ホーム > 保険診療

保険診療

保険診療

治療の流れについて

①問診

今現在、お困りの症状をお聞かせください。
*初めて来院される方は保険証をお持ちください。

②検診

初めに身体の痛みや症状の原因をご説明した後、どのような施術を行うのか一番良いのかご意見を頂戴しながら決定します。
*必要な場合は超音波(エコー)検査を行います。

③施術

当院では皆様ひとりひとりに適した力加減で行われる手技療法(スポーツマッサージ)や運動療法(ストレッチ、筋力増強運動、関節可動域訓練)を中心に行っています。ボキボキといった強い刺激を与えることはありません。
*骨折、捻挫等には固定を施します。

④サポート

施術後は現在の状態から日常動作においての注意点、ご自身でできるストレッチやトレーニングなどの再発予防法等をお伝えさせて頂きます。

料金について

健康保険に応じた金額

*初診料:600円~2,000円以内 / 2回目以降:400円~950円以内
*エコー検査を行った場合は、保険診療費と別途初回のみ1,000円頂いております。
*当院では国民健康保険、協会健保、組合保険、共済保険等が使用出来ます。また労災や交通事故も使用出来ますので、安心してご来院下さい。

*ご不明な点は遠慮なくお申し付け下さい。
*保険診療は予約制ではない為、受付時間内にお越し下さい。

適応症状について

 

保険対象になる原因

日常生活やスポーツでの瞬時のケガや繰り返し動作によって痛くなった症状が保険対象になります。

 

施術の種類

手技療法

当院では手技療法を大切にスポーツマッサージを取り入れた治療を行っています。 スポーツマッサージの主な効果や効能は、筋肉の緊張を取り痛みの緩和、血液やリンパ液の流れをよくし、筋肉が緩むことにより関節の可動域が広がります。

圧迫された血流の改善により全身に新鮮な酸素や栄養が行き渡り、痛みの緩和になります。

温熱療法

超音波は1秒間に100万回以上の振動が皮膚表面より入り、筋肉や骨などで吸収され温熱エネルギーに変換されます。

オンパーではお湯のより高い熱伝導率も加わり骨格筋や関節の深部、インナーマッスルまで温度を上昇させます。温度上昇した組織では筋肉が伸びやすくなったり血流が良くなる、痛みを和らげたりといった温度上昇特有の効果が期待できます。

電気療法

筋肉を動かす(収縮、拡張)ポンピング作用により緊張して硬くなった筋肉をほぐし血流を促進させ痛みの緩和を図ります。また、患部(痛みのあるところ)を囲むように治療することでより刺激を与えることができます。

※電気治療の吸引の跡が残りやすい方もいらっしゃいます。2~3日様子を見ていただくと消えてきますが、跡が残るのが気になる方はスタッフまでお申し付けください。

冷療法

冷却することにより負傷部位の過度の熱(炎症)や痛みを軽減させ、血流と組織レベルでの代謝を低下させることによりダメージを受けた組織の二次的な低酸素症を抑制します。

※寒冷過敏症(アレルギー)の方は皮膚状態が悪化する場合もありますのでスタッフまでお申し付けください。

運動療法

硬くなっている各関節の可動域を広げ、衰えている筋肉の増強を促し、筋肉が本来持っている持久力、柔軟性を高めます。

ギプス固定

骨折や靭帯損傷などの場合に患部を固定し保護します。

キネシオテープ

伸縮性のあるテープを貼って、スポーツ時や日常動作の負担をサポートし痛みを軽減します。

*全身疲労でお悩みの方や、コンディショニングをご希望の方は自費診療をおすすめ致します。

 

患者様の悩みに対して同じ目線で、一つ一つ丁寧にお答えします。
どんな些細な悩みでも構いません。お気軽にご相談ください。